トイプードル子犬のしつけ

子犬はかわいいのでどんな人でも一度は飼ってみたくなるものです。しかし10年以上も連れ添うことになりますので途中で飽きてしまい世話もおざなりになってしまっては困ります。また家族の中で一人でも嫌いな人がいる場合はよく話し合って飼うかどうか決めることが必要です。犬を飼ったら寿命を全うするまで面倒見ることが当たり前のモラルです。
トイプードルの子犬とはできるだけスキンシップをとってあげてください。それには朝夕の散歩が大事になってきます。散歩の時に十分な運動をさせてあげればストレスもなくなり無駄吠えや騒いだりすることが減ってきます。しっかりと散歩をさせればトイプードルの子犬も飼い主も健康になり一石二鳥の効能です。
トイプードルの子犬のしつけは3ヶ月を過ぎた頃よりスタートします。子犬の時期からしっかりしつけることができれば性格のいい、よきパートナーとしてのトイプードルになってくれるでしょう。愛情のこもったしつけができれば飼い主がリーダーだと認識してくれ、無駄吠えや引っぱり癖などで困ることはありません。
トイプードルの子犬とは日頃からボール投げや棒切れを取りにいかせたりする遊びをすることが重要です。こんな遊びから服従心や快活さや持久力が養われていきます。かわいいかわいいで溺愛するのではなく、ほめるときはきちんとほめ、叱るときは例外なくしっかり叱ることで飼い主をリーダーと認めてくれます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34950942

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。