トイプードルの散歩

家族の一員としてトイプードルを飼う場合、愛犬の方も自分が家族の一員と考えています。ですので飼おうとする家族の中に反対者がいてはお互いが不幸になってしまいます。家族全員の同意が必要で、中でも家庭の中心である母親の賛成が絶対条件です。よく話し合って協力体制をとることが重要です。
犬の世話はけっこうな手間ひまがかかります。とくに運動や遊びはかかせません。朝夕2回の散歩には十分な時間をかけてあげることが大事です。運動が不十分だと精神的に落ち着きがなくなり、やたらと吠えたり騒いだりする犬になってしまいます。毎日の十分な散歩はトイプードルに対しての飼い主の重要な義務です。
トイプードルの子犬を厳しくしつけるのはかわいそうという感情はしつけにとっては無用です。しかし愛情のないしつけでは困ります。自分の感情のおもむくままに理由もなく怒りつけたり、逆に気まぐれで溺愛のごとくかわいがってはしつけになりません。服従心のある犬にするために子犬のころからしつけることが大事です。
トイプードルの子犬とは日頃からのスキンシップが非常に重要になります。スキンシップが不足してしまうと愛犬は飼い主を十分信頼してくれません。溺愛するのではなく、声をかけてあげながらいっしょになって遊んだり、ボールや棒切れを投げてもって来いをさせたりするのは大切です。遊びの中から服従心や持久力などが養われていきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。